ボルダリングウェアの選び方|持っていると便利なグッズもご紹介します!

ウェア・グッズ

ボルダリングは動きやすい服装だけ用意すれば、後はボルダリングジムのレンタル品で対応できます。
最初は手元にあるウェアとレンタル品で対処しても問題ありませんが、慣れてきたらボルダリング専用のウェアとグッズを揃えてみましょう。

スポーツウェアを着ている女性

 

中級者の多くはクライミングシューズをレンタルではなく自前のものを使っています。
ウェアについては、ボルダリング専門の有名メーカーは存在せず、アウトドアメーカーやスポーツメーカーのウェアを着用する方が多いです。

 

ボルダリングを本格的に始めたい方に向けて、ボルダリングに向いているウェアと持っておくと便利なグッズをまとめました。

 

 

クライミングシューズ

 

ボルダリング用のグッズを揃えたい場合は、まず最初にマイシューズを用意しましょう。
ボルダリングジムではレンタル品を用意していますが、マイシューズであればデザイン性機能性が格段にパワーアップします。

 

ボルダリング用シューズはクライミングシューズとも呼ばれ、以下のタイプがあります。

  • 着脱方式
  • ・スリップオンタイプ(上履きのように簡単に履ける)
    ・ベルクロタイプ(ベルトで脱げないように固定する)
    ・シューレースタイプ(靴紐式)

     

  • 靴底の形状
  • ・フラットタイプ(平坦)
    ・ダウントウタイプ(つま先部分が下に曲がっている)

     

  • つま先の形状
  • ・ストレートタイプ(一般的な形状)
    ・ターンタイプ(内側に湾曲している)

 

初心者はフラット&ストレートタイプがおすすめ。着脱方式は自分の好みで問題ありません。

 

痛くない範囲でキツいサイズを選ぶのがセオリーなので、マイシューズを買いたい場合は通販ではなくアウトドア用品店で店員と相談しながら選ぶとよいでしょう。

 

 

おすすめウェア

 

ボルダリングは専用のウェアがありません。
クライミングパンツという商品がありますが、一部で機能性よりもファッション性を重視しているタイプもあるので注意しましょう。

 

軽くて関節の可動域に影響を与えないウェアであれば、なんでもOKですよ!
難易度が高いコースは身体を曲げて窮屈な姿勢になるので、動いても下着の露出がしにくいタイプを選ぶとよいでしょう。
スポーツウェア全般を選択肢に入れてオシャレなウェアを選びましょう。

 

・ウェアにチョークが付くことが多いので、黒系よりも白系を選んだ方が無難です。
・ファッション性を重視して、動きに支障が出るウェア速乾性のないウェアは避けてください。

 

 

チョークバック

 

チョークバックは、ズボンに装着するチョーク入れです。
リードクライミングでなければチョークバックがなくても問題ありませんが、低い壁を使う場合でもチョークバックを付けていると本格的に見えますよ!

 

チョークバックは機能性による違いが少ないので、通販で好みのデザインを探す方が多いです。

 

ハーネス&カラビナ

ロープを結んでいる女性

 

リードボルダリングをする場合には、ロープを身体に固定するハーネスとカラビナが必要です。
ロープはボルダリングジムに設置済みのものを使うので自分で用意する必要はありません。

 

通うボルダリングジムにリードの用意があり、頻繁にリードをする場合はレンタルではなくマイハーネス&カラビナの購入を検討してみてください。

ページの先頭へ戻る